初めて家を買うならここに気をつけろ!注意点まとめ

 

始めて家を買う場合には物件選びが重要

家を買う時には中古にするのか新築にするのかでも違ってきますし、新築にも建売と分譲とがあります。中古は同じような立地であっても手頃な価格で購入できるのがメリットであり、少ない予算内で家を買いたいという人に適しています。ただし、リフォーム済みの中古住宅の場合にはどのような欠陥が隠れているか分かりませんのであまりお勧めできません。一見するとお得に感じてしまいますが、その分安くなっているものを購入して後から自分でリフォームをした方が安心です。他の注意点としては、建売は安い建材などがたくさん使われていることが多いですし、間取りや材質などにこだわりがあると実現できない可能性が高くなります。分譲ならこだわりの家を手に入れることができますので満足度は高くなりますが、全てを理想通りにしようとするとトータルでかかる金額が非常に高くなって予算をオーバーしてしまうこともあります。

住宅ローンを組む際の審査や流れについての注意点

誰でも家を買う時にはローンを組みますので、ローンが通るかどうかも非常に大きな問題になります。実は事前審査を受けておかないと契約の日を迎えることができませんので、まずは2~3の銀行に事前審査を依頼しておくことが大切です。これは本申込みをする前に無料でカンタンに行える形式的な審査であり、購入の申込みから売買契約をするまでの間に行うのが一般的です。本人の収入や勤務先、個人信用情報といった簡易的な内容をデジタルで審査するだけですので、書類の提出などは必要ありません。個人情報では他にローンを組んでいないか、カードの利用状況はどうなっているかを見ます。注意点としては、他のローンを抱えていたりカードの支払が滞っていたりなどの問題が発生していないこと、収入や勤務状況から返済に支障がないことがポイントになります。家を買う時には多額のローンを組みますので、返済できる人物かどうかがとても重要です。売買契約直前になると本申込みを行い、1週間から10日前後で結果が出ますのでスケジュールをしっかりと立てておきましょう。万が一審査に通らなかった場合でも、ローン特約をつけておけばペナルティーなしで売買契約を解除することが可能になります。

家を買う際には売買契約の前に必ず行われる説明

売買契約を結ぶ前に必ず行われることとして、購入する物件と売買契約の条件についての細かな説明が行われます。これを重要事項説明というのですが、家を買う時にもっとも重要なことの一つといっても過言ではありませんので、チェックポイントをきちんと押さえておくことが大切です。注意点としては、物件についてはパンフレットと実際の面積などに食い違いはないかや抵当権についての取り扱いを見ておかなければなりませんし、法令上の制限については住宅を建てられる区域かや建て替えや増改築の際に制限はないかが重要です。インフラ関係の場合には下水道の排水や供給施設が未整備の場合の整備についてや負担金が注意点であり、他にも契約条件においては契約時の手付金などの目的や金額、契約を解除する際の条件、供託や保険加入についてしっかりと確認しておきましょう。家を買う時には様々な注意事項がありますので隅々まで目を通すのが鉄則です。

不動産売買契約の流れや注意しなければならない点を知る

様々な工程を経て売買契約を迎えたら、もう少しでマイホームが手に入ります。家を買う時の契約書類には売買物件や売買代金、手付金等の額、支払日、土地の実測及び土地代金の精算、所有権の移転などが細々と記されていますので、一通り目を通したら実際の契約を行います。最終確認は家を買う人と売主とが集まって読み上げで行っていき、その流れで署名や押印をしていくのが普通です。手付金などの授受が行われるのもこの時であり、現金や指定口座への振り込み、小切手で用意するケースもあります。手付金や印鑑以外では印紙や不動産会社への仲介手数料が必要であり、運転免許証などの公的機関が発行した本人確認書類も必要となりますので忘れないようにしましょう。必要な書類が揃っていないと契約を結ぶことができずに関係者に迷惑をかけてしまいます。

最後に事前のチェックを済ませたら残金の決済を済ませて引き渡しで完了

家が引き渡されれば無事にマイホームが手に入るわけですが、その前に完成した住宅の仕上がりを確認するための内覧が行われますので、契約書通りの仕上がりになっているかを確認しなければなりません。内装などの見た目だけでなく、建具、住宅設備などもチェックし、内容と相違がなければOKです。また、仕上がり具合に不備があってもいけませんので、建具の開閉や壁材、床材、天井、傷なども一緒に確認しておきます。万が一不備が見付かったり契約通りでないことが分かったら、相手の対応を見ながら契約を解除するのか少し猶予を与えるのかを判断します。家を買う時には引き渡される時に残金の決済も行いますので、しっかりと準備をしなければなりません。