不動産販売をオンラインで促進するために知っておきたいコツや技

 

 

不動産の販売は簡単ではありません。当然、一件売るだけで相当な利益は上がります。だからと言って、何も販売の努力をせずに待っているだけでは、まともな利益は上げられないでしょう。「家は誰でも買うもの、待っていても売れる」などと思ってはいけません。不動産業界こそ的確なデジタルマーケティングが必要です。販売に伴う利益が大きいために、投入することのできる資金も膨大になります。大きな額を扱うだけに、適当に販売、マーケティング戦略を実施するのは避けましょう。額が大きいと、その中の一部を蔑ろにしてしまうのが人間です。いわゆる金銭感覚が狂うといった現象です。しかし、そんな時には冷静に考えましょう。扱うお金の額は相対的では絶対です。外貨が絡めば、為替の影響を受けて相対的になりますが、そうでもない限り、絶対的な価値観を大事にするようにしてください。

 

海外の不動産業界ではマーケティングが盛ん

 

不動産業界のイメージはどうでしょうか?日本では大手の何社かが独占しているような様相を呈していますが、もちろん彼らも莫大な額をマーケティングに投じています。大企業であることから、CMを展開して、イメージ定着を図るのが一般的ですが、規模の小さな不動産業者であれば、これを真似することはできません。そこで海外から学びましょう。海外では、規模の小さな不動産業者が、独自の手法を(特にウェブマーケティングを)活用することで、顧客の獲得に向け全力を尽くしています。決して日本の業界がウェブマーケティングを行なっていないということはできませんが、浸透率は英語圏の方が圧倒的です。これはウェブ記事やYouTube動画を見るだけで歴然です。海外で小さな不動産事業を営むオーナーが、自らの考案したウェブマーケティング手法を公開している例は、数え切れないほどです。面白いことに、彼らは「私たちは不動産が専門だから」といった枠にハマった考えが一切なく、ハングリー精神全開で、ウェブの知識を蓄えています。

 

ウェブサイトを構築したら宣伝しよう

 

ウェブサイトを構築しても、ただそれが形骸化している不動産業者は、日本で多く目にします。あくまでも「形として対外的に見せるためだけに」存在しているのでしょう。最新情報の更新も何もなく、進化が感じられません。あらゆる消費者がネットで情報収集をする時代です。そんな中で、ネットの力を軽視していたら、時代に取り残されるのが関の山でしょう。ウェブサイトは、情報を発信するための基地にすぎません。いわばネット上の店舗です。ここに人が足を運んでくれなければ意味がありません。人を呼び込むための作戦が宣伝です。宣伝であり、ウェブマーケティングなのです。宣伝の最たる例が広告でしょう。ネット上での広告を行う上で避けては通れないキーワードがGoogle AdSenseです。難しいことはありません一つずつ理解していきましょう。Googleで検索をしていると、検索結果の一番上に広告が表示されるのはご存知でしょうか?小さく、広告であることを示すマークが入っていますが、これに気がつかない人もいるでしょう。Googleはこのように広告を掲載することによって、利益を上げています。この広告機能を利用しない手はありません。キーワードを決めて、ターゲットを絞って、特定の人に対して広告を表示することができます。キーワードの例として、「茅ヶ崎 別荘」などが挙げられます。もちろん、これはあなたが管理する物件のエリアで行いましょう。特定のエリアにキーワードを絞るのは非常に効果的です。こうすることで、見込みのある潜在顧客のみにアプローチすることができます。広告のキーワードを設定すると、それが検索された時に、関連するページにあなたの広告が表示されるようになります。表示されるかどうかは、競り方式なので、特定のキーワードに対してより多くのお金を払う人が優先的に表示されます。もちろん潤沢な資金があればそれに越したことはありませんが、できるだけ、競争の激しくないキーワードを探すようにしましょう。競合が少ない方が、競りの値段が少なくなり、それだけ、低予算で狙ったキーワードについての広告が出せるようになるのです。広告の基本は低予算からの大きな効果。これを念頭に置くようにしてください。もちろん広告にはリンクを貼って、そのリンクをクリックしたら、あらかじめ構築しておいたウェブサイトに移動するようにしましょう。これだけで、基本的なトラフィックの流入が期待できます。あらゆるキーワードと入札値段を試して、それぞれを比較することで最高の広告機会を探すようにしてください。