リノベーション住宅とは

近頃よく耳にするようになったリノベーションという言葉ですが、みなさんはその意味をご存じでしょうか。リフォームの言い方を変えただけ?と思われている人もいるのではないでしょうか。リフォームとリノベーションとの違いやメリットデメリットなど、今話題のリノベーション住宅についてまとめてみました。

 

実は、リフォームとリノベーションには国によって定められた明確な線引きはないとされています。少しあいまいな点があるというのも実情のようです。そのため、工事を行うときに必要な情報として、一般的にいわれているリフォームとリノベーションの違いが存在するということのようです。大きな違いでいうと、リフォームは規模が比較的小さく、リノベーションは元から設備を変更したりするので大規模な工事になるという点が挙げられます。では具体的な違いを見てみましょう。

 

リフォームとは

リフォームは時間の経過とともに汚れたり老朽化した内装を、新築のような状態に近づけることを意味します。簡単に表現すると汚れたマイナスの状態から新築というゼロの状態に戻す、というイメージになります。古くなった壁紙の張り替えや外壁の塗装による修復、キッチンを新しいものと取り替えるなどが主なリフォーム例に該当します。こわれたものや汚れたものをきれいにする、元に戻すのがリフォームになります。

 

リノベーションとは

先ほどのリフォームがマイナスからゼロに戻すという意味ならば、リノベーションはゼロからプラスに変えるというイメージになります。リノベーションとは英語で革新、刷新などを意味する言葉です。そのため、リノベーションとは新しい機能を取り付けたり、デザイン性を高めたりすることを意味します。具体的には耐久性をアップさせたり、持ち主の生活スタイルに合わせて壁を取り払って広いリビングにすることなどが該当します。

 

コンバージョンとは

さらに最近では家族構成や生活スタイルの変化からコンバージョンというものを行う場合も増えているようです。コンバージョンとは目的や使い方が変わるリノベーションを行う際に使われる言葉です。具体的にはオフィスだったビルを住宅用にしたり、逆に住宅にオフィススペースをつくったりする場合をさします。規模が小さなものでは住宅にオフィススの空間をつくること、規模が大きなものではオフィスビルをマンションとして住めるようにしたり、学校などが高齢化に伴って福祉施設へとコンバージョンしたりすることをいいます。

 

リノベーションのメリットとデメリット

話題のリノベーションですが、どんなところが選択のポイントとなるのでしょうか。また課題はないのでしょうか。

 

リノベーションのメリットはなにより自分好みにできるという点が挙げられます。自分の生活スタイルを住む場所に合わせるのではなく、住宅を自分の生活スタイルや好みに合わせられるというのがリノベーションのメリットといえます。

毎日を過ごす場所をより快適にと考えるのはごく自然なことで、間取りによってはここをぶち抜いて広く使えれば便利なのに、とかシステムキッチンにできれば使い勝手がよくなるのに、といった希望を叶えることができます。そのため、間取りや設備の制限を受けながら家さがしをしていた従来とは違い、条件がそろえばリノベーションで解決することが増えるため、希望の家を見つけられる確率が高くなります。

また、このリノベーションが普及してきたことにより、希望どおりの家をつくるためには新築を建てなければという考えが変わりつつあるといえます。新築にこだわらずとも希望のかたちにリノベーションできれば、中古物件でも十分に条件を満たすことができます。そのうえ、中古物件をリノベーションすると、新築を建てるよりもコストが抑えられる場合があるといわれています。これにより駅チカや学校などの施設が近い場所でも、条件のそろった家が手に入るのです。

 

ただし、課題がないわけではありません。リノベーションする場合、すぐに住み始めたいという人には向きません。こだわりがあるからこそリノベーションする意味も高まるので、じっくりとミーティングを重ねて希望の家をつくりたいものです。そのためにはやはり時間が必要となります。また、費用面での課題もあります。リノベーションでは一般の住宅ローンを使うことができません。そのためリフォームローンを利用することになり、金利が高くなる場合があるのです。

 

リノベーションする家は、比較的安く手に入るかわりにローン金利は高くなる可能性があるため、しっかりと計画を立てる必要があります。ですが、その先には自分にピッタリの家が待っています。リノベーションは今の時代ならではの活用方法といえるかもしれません。

欠陥住宅を見抜くための大事なポイント

 

欠陥住宅。恐ろしい響き。せっかくのマイホームを台無しにする欠陥には最大限の注意を払いたいものです。持つべきものは知識です。実際に、「この家は大丈夫なのかな?」と思った時にチェックできる、あらゆるポイントを把握しておきましょう。知っておけば知っておくだけ、欠陥住宅の被害を避けることができます。不動産への投資を検討する時にも…憧れのマイホームを選ぶ時にも…さらに今自分の住んでいる家の質を確認する時にも、ここにある知識は役に立つはずです。

 

ピンポン球で傾きをチェック

 

まずは、基本中の基本から。基本といっても侮ってはいけません。むしろ、基本だからとっても大事なのです。内見をする際には、必ずピンポン球やビー玉を持参するようにしましょう。これを床の上に置いて、転がるかどうかをチェックします。傾きは、あらゆる住宅に見られる、典型的な欠陥です。これに引っかかるようでは、問答無用と言ってもいいくらいの項目でしょう。ですので、まずは、家が傾いていないかどうかチェックする習慣をつけてください。ピンポン球やビー玉をおもむろに取り出して、不動産屋さんの前で置いてみる…なんて実際には、そう簡単にできることではありません。なんだか、「私、すごい疑っています」と言わんばかりの行動。そこで、そんな時におすすめなのが、ドアを使う作戦です。ドアを完全に開いても閉まってもいない中間の位置で止めてみてください。そこから動いたら、傾きがあります。ドアを何気なく触るだけでできる技なので、変な印象を与えてしまうこともありません。家にすでに、傾きを計測するための装置が付いているようなもの。非常にありがたいですね。

 

建物の歪みにも要注意

 

傾きと並んで厄介なのが建物の歪みです。きっちりと正しく、垂直に建物が建っているのか。この点をチェックするようにしてください。確認する方法として、糸と重りを使いましょう。ある程度の重さがあるものなら何でも構いません。それを糸に繋いで、壁のどこか(例えば、背丈)に固定すれば…糸の垂れる方向で、家が垂直であるかどうかわかります。さらに歪みをチェックする方法として、窓を使うこともできます。歪んだ家では、往往にして、窓の動きが悪くなるものです。なるべく、全ての部屋の窓を開け閉めしてみてください。これならば、特に面倒な準備はいりません。何気なく、窓を開けたり閉めたり…そんな行為は全く怪しくありませんので、非常に便利な技です。さらに、コップに水を入れて、床などに置いてみるのもおすすめです。耐震性に問題があると、水の揺れがつぶさに観察されます。

 

断熱材が機能しているかどうかチェック

 

断熱材がまともに機能しているかどうか。そんなことをチェックする方法が…?あります。決して壁を破って、中身をじっくり見てみる必要などありません。準備もかなり簡単なもので済みます。用意するものはロウソクとマッチだけで十分です。電気のスイッチカバーを取り外して、そのすぐ前に、火のついたロウソクをあてがってみてください。もし、これでロウソクの炎が揺れたら、欠陥住宅を疑いましょう。というのも、しっかりと断熱材が設置されていれば、妙な隙間はないはずです。もし隙間があれば、隙間風が吹き、火が触れるということです。もちろん隙間があれば、断熱材の意味がないので、これは大きな問題です。考えてみてください。冬でも、体が芯から冷えてしまい、これを防ぐために暖房を一日中付けっ放しにして…。健康面に大きな問題を引き起こしますし、暖房を使えば金銭的にも大きな痛手となります。さらに、物件の中を歩く時にも、足に神経を集中させてください。凹みや軋みなどはありませんか?これを把握するために、できるだけ、隅から隅まで歩いてみることをおすすめします。歩くだけで疑われることはありません。色々と興味関心のあるふりをして、全ての部屋の全ての床を足で感じてみてください。

 

壁紙の黒ずみや剥がれは?

 

壁紙のチェックも忘れず。クロスの張り替えは正しく行われていますか?そもそも、張り替えは行われているでしょうか?注意すべきは、端っこの方です。端の方から剥がれが見えてくるものです。隙間はありませんか?シミは?クロスの張り替えを行うことになるだけで膨大なお金がかかります。今回ご紹介した基本的なチェック項目は是非とも、頭の片隅に置いておいて頂きたいものです。

不動産への投資前に知っておきたいチェック項目6選

 

 

不動産への投資を始めようと思い立った時に、まず何を知っておくべきでしょうか?注意点は?そんな不安を抱えている初心者の方へ、知っておくべきチェック項目をご紹介したいと思います。

 

1.実際に自宅を所有する必要はないかも?

 

家を所有することが、あなたの金銭的状況に実際に合っているかどうかという根本的な疑問に答えておく必要があります。そもそも論ではありますが、例えば家を購入しようとしている場合には、本当にそれがぴったりな選択肢であるかどうか、考えてみましょう。家賃の払い続ける行為を、お金の投げ捨てだと言う人もいますが、必ずしもそうとは言えません。特にあなたが頻繁に移動するタイプのライフスタイルの人ならば、賃貸には多くの利点があります。

 

2. 知人や上司からの助言は完全とは限らない

 

あなたが不動産を購入しようとしていると発表するとすぐに、友人や家族、上司などが善意からアドバイスをくれることでしょう。中には、そのアドバイスをしっかりと守ることを期待する人さえいます。ただし、要注意です。必ずしも、美味しい投資案件があるからと、話を持ちかけられても、それの結果やルールを保証するものはありません。さらに、その人が仮に、過去に儲けをあげたとしても、(その話が真実であったとしても)それが、今後の未来にも利用可能なオプションであるとは限りません。むしろ、投資の世界は、各経済状況を如実に反映するもので、機会はやってきては、すぐにどこかに飛び去って…を繰り返します。サクセスストーリーを聞いても、すぐにそれを真似しようとせずに、今の状況に同じパターンや傾向が見られるか、精査してみましょう。むしろ、そのような成功と同じような兆候が未来に見られる場合には、それを機会として捉えるのはスマートでしょう。

 

3.不動産に関する問題点を洗い出す

 

投資しようとしている物件がある場合には、それについての問題点を徹底的に、あらかじめ、嗅ぎまわるようにしてください。カビのにおい、動物関連の臭いをチェックし、壁の向こうがどれくらい空虚なのか把握するために、壁をノックしてみたり、乾燥機や食器洗い機の中を見てみたり…。害虫がどこに住んでいるか、しっかりと検査してみないとわかりません。トイレは綺麗に掃除されていますか?ちゃんと流れますか?暖房/空調は機能しますか?煙道は暖炉の上にしっかりと設置してあり、機能していますか?水回りの水圧は大丈夫ですか?ある程度、否定的な意見を意識しながら、できるだけ悪い点を炙り出せるように、チェックをしてみましょう。

 

4.経験豊富な専門家を雇う

 

高価な修理に繋がる可能性のある問題を特定するために、どんな小さな兆候でも見つけることのできる、認定を受けた、検査官を雇うこともオススメです。これに合わせて、後から発生しうる紛争の複雑化を避けるために、あなたの雇用している弁護士が売り手の仕事を掛け持ちしていないことを確認するようにしてください。ここでのポイントは将来のリスクを徹底的に避けることです。そのために専門家を雇う行為は、必須だと言えるでしょう。

 

5.直感ではなく、頭を使って思考すること

悪い案件から逃げることを恐れないでください。「もし、この案件から手を引いてしまうと…」という類の心配はいりません。投資しないという選択肢を恐るべきではありません。選択肢はいくらでもあります。決して、フィーリングや感情に押し流されないでください。これは金融取引であり、あなたの条件が満たされなければならないことを覚えておいてください。条件がしっかりと満たされた時にだけ、その案件に進み、投資を始めます。

 

6.可能な限り交渉すること

 

エージェントを使って交渉をすることができますが、彼らがあなたのためにどれくらい値を下げてくれるかはわかりません。常に、自らが交渉に参加するという姿勢を忘れないでください。もちろん、交渉役を雇うことは悪くありません。しかし、当事者意識は忘れてはなりません。交渉の方向性は是非とも、あなた自身が決めてください。目標を設定して、その目標を達成するための戦略や技術面で、プロの力を活用しましょう。