シェアハウスのメリット・デメリット

シェアハウスという言葉がだいぶ浸透してきたように感じます。海外では学生がシェアハウスで暮らしているなんていうイメージが結構あるのではないでしょうか。では、シェアハウスで暮らすと実際どんなことがあるのでしょうか。シェアハウスを利用するメリット、デメリットについて取り上げてみたいと思います。

 

シェアハウスとは

シェアハウスとは、ひとつの居住スペースを複数人で利用することをいいます。各自のプライベートルームがあり、リビングスペースやキッチン、浴室などをシェアするというかたちが主流でしょう。では、実際に住んでみるとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

シェアハウスのメリット

・費用が安く済む

・家電を買う必要がない

・すぐに住める

・コミュニケーションがとれる

 

シェアハウスを検討する人の多くが費用面を抑えたい、という理由からこの住み方を選ぶ傾向があるようです。電気やガス、Wi-fiなどの設備も整っていて、自分で個別に契約する必要がないという手軽さもあるでしょう。こういった設備が整っていることで一人暮らしなら個別にかかるコストが抑えられ、安く住みたい場合にはシェアハウスはいい条件ですね。

一人暮らしだと当然家電が一式必要になりますが、シェアハウスの場合はすでに必要な家電が揃えられているため、高いお金を出して揃える必要がありません。また、シェアすることによって電気代やガス代も分割されるので、そこに住む人の生活スタイルにもよるところはありますが、一人で光熱費を抱えるよりも安く抑えられることがあるようです。

また、家電や設備がすべて整っているため、自分の着替えや私物を持ち込むだけですぐに住み始めることができます。できるだけ身軽に生活したい人や、一時的にその土地に住みたい人などがこの条件にあてはまるのではないでしょうか。

シェアハウスと一人暮らしとの決定的な違いは他人が一緒に住んでいるということです。自分が体調を崩して弱っているときや相談にのってほしいとき、漠然と一人でいたくないときなど、誰かに頼ることがしやすい環境です。気の合う同居人が見つかったら、リビングで談笑するなんて場面も出てくるかもしれません。コミュニケーションがとりたいからという理由でシェアハウスを選ぶ人もいますね。

 

 

シェアハウスのデメリット

・友達を呼びにくい

・すぐに片づけないといけない

・プライバシーが完全ではない

・共有スペースの時間がかぶる

費用面が抑えられたり、自分で家具を抱えなくてもいいというメリットがある一方で、デメリットもあります。

シェアハウスでは別の人たちが一緒に住んでいる環境なので、その環境を乱してしまうこと、たとえば友達やパートナーを呼ぶなどの行為はあまり歓迎されません。日本でのシェアハウスは特にといえるかもしれません。家主の方針がとてもオープンで、誰でも来てコミュニケーションをとろうよ!というスタイルの場合は例外もあるかもしれません。基本的にはあくまでシェアで他人が一緒に住んでいる家なので、避けたほうがいいとされている行為になるでしょう。

シェアハウスでは、プライベートルーム以外は基本的に共有する場所になります。そのため、洗いものをそのままにしたり、洗濯機が止まったのに放置、などということはルールに反しているでしょう。次の人がいつでも使えるよう、常にキレイな状態を保つ必要があるため、のんびりと家事をしたい人には向いていないでしょう。

リビングや玄関、バルコニーなどはシェアハウスでは共有スペースになります。そのためちょっと一人で風に当たりたい、リビングで一人で読書をしたい、というようなことは出来にくいといえます。家族で住む家とは違い、他人との生活なので価値観もそれぞれです。互いに譲り合って使う必要があり、家ではプライバシーを守りたい、というタイプの人はシェアハウスに住むにはストレスかもしれません。

一日の時間の過ごし方は、生活スタイルが大きく違わない限り似たルーチンになることが多いと思います。そのため、シャワーの時間や洗濯、食事の時間がかぶるなどの事態が起こることは十分に考えられます。あくまで自分のペースで過ごしたいんだという人はシェアハウスで暮らすのには、いつかトラブルになりかねないかもしれません。

 

まとめ

シェアハウスは生活に必要な費用を抑えたい人や、一人じゃない空間が苦痛ではない人に向いているといえそうです。ほどよい距離感をもって過ごすことが大事なのかもしれませんね。