リノベーション住宅とは

近頃よく耳にするようになったリノベーションという言葉ですが、みなさんはその意味をご存じでしょうか。リフォームの言い方を変えただけ?と思われている人もいるのではないでしょうか。リフォームとリノベーションとの違いやメリットデメリットなど、今話題のリノベーション住宅についてまとめてみました。

 

実は、リフォームとリノベーションには国によって定められた明確な線引きはないとされています。少しあいまいな点があるというのも実情のようです。そのため、工事を行うときに必要な情報として、一般的にいわれているリフォームとリノベーションの違いが存在するということのようです。大きな違いでいうと、リフォームは規模が比較的小さく、リノベーションは元から設備を変更したりするので大規模な工事になるという点が挙げられます。では具体的な違いを見てみましょう。

 

リフォームとは

リフォームは時間の経過とともに汚れたり老朽化した内装を、新築のような状態に近づけることを意味します。簡単に表現すると汚れたマイナスの状態から新築というゼロの状態に戻す、というイメージになります。古くなった壁紙の張り替えや外壁の塗装による修復、キッチンを新しいものと取り替えるなどが主なリフォーム例に該当します。こわれたものや汚れたものをきれいにする、元に戻すのがリフォームになります。

 

リノベーションとは

先ほどのリフォームがマイナスからゼロに戻すという意味ならば、リノベーションはゼロからプラスに変えるというイメージになります。リノベーションとは英語で革新、刷新などを意味する言葉です。そのため、リノベーションとは新しい機能を取り付けたり、デザイン性を高めたりすることを意味します。具体的には耐久性をアップさせたり、持ち主の生活スタイルに合わせて壁を取り払って広いリビングにすることなどが該当します。

 

コンバージョンとは

さらに最近では家族構成や生活スタイルの変化からコンバージョンというものを行う場合も増えているようです。コンバージョンとは目的や使い方が変わるリノベーションを行う際に使われる言葉です。具体的にはオフィスだったビルを住宅用にしたり、逆に住宅にオフィススペースをつくったりする場合をさします。規模が小さなものでは住宅にオフィススの空間をつくること、規模が大きなものではオフィスビルをマンションとして住めるようにしたり、学校などが高齢化に伴って福祉施設へとコンバージョンしたりすることをいいます。

 

リノベーションのメリットとデメリット

話題のリノベーションですが、どんなところが選択のポイントとなるのでしょうか。また課題はないのでしょうか。

 

リノベーションのメリットはなにより自分好みにできるという点が挙げられます。自分の生活スタイルを住む場所に合わせるのではなく、住宅を自分の生活スタイルや好みに合わせられるというのがリノベーションのメリットといえます。

毎日を過ごす場所をより快適にと考えるのはごく自然なことで、間取りによってはここをぶち抜いて広く使えれば便利なのに、とかシステムキッチンにできれば使い勝手がよくなるのに、といった希望を叶えることができます。そのため、間取りや設備の制限を受けながら家さがしをしていた従来とは違い、条件がそろえばリノベーションで解決することが増えるため、希望の家を見つけられる確率が高くなります。

また、このリノベーションが普及してきたことにより、希望どおりの家をつくるためには新築を建てなければという考えが変わりつつあるといえます。新築にこだわらずとも希望のかたちにリノベーションできれば、中古物件でも十分に条件を満たすことができます。そのうえ、中古物件をリノベーションすると、新築を建てるよりもコストが抑えられる場合があるといわれています。これにより駅チカや学校などの施設が近い場所でも、条件のそろった家が手に入るのです。

 

ただし、課題がないわけではありません。リノベーションする場合、すぐに住み始めたいという人には向きません。こだわりがあるからこそリノベーションする意味も高まるので、じっくりとミーティングを重ねて希望の家をつくりたいものです。そのためにはやはり時間が必要となります。また、費用面での課題もあります。リノベーションでは一般の住宅ローンを使うことができません。そのためリフォームローンを利用することになり、金利が高くなる場合があるのです。

 

リノベーションする家は、比較的安く手に入るかわりにローン金利は高くなる可能性があるため、しっかりと計画を立てる必要があります。ですが、その先には自分にピッタリの家が待っています。リノベーションは今の時代ならではの活用方法といえるかもしれません。