シェアハウスに入居する前に知っておきたい3つのこと

シェアハウスの人気は、近年、高まりを見せています。テレビ番組でこれを題材としたものが登場したり、カッコよくておしゃれなイメージが定着したことが大きな要因でしょう。さらに、実際に、一人で家を借りるよりもお手頃です。このような利点を背景にして、シャハウスの存在価値は、今までにないほどに大きくなっていると言えるでしょう。そこで、今回は、シェアハウスを利用する前に、まずは最低限知っておきたいポイントをまとめたいと思います。憧れの生活を実現するには、それなりのマナーなどが大切になります。あなたの生活を素敵なものにするために、そして、周りの人とうまくやっていくために、多角的な側面から考えてみましょう。基本的なポイントを以下にまとめました。

 

  1. 敬意を忘れないこと!

 

あなたの仲間を尊重することは、家庭の問題を防ぐために欠かせないステップです。これには、プライバシー、スペース といった要素が含まれます。あなたの生活に影響を及ぼす可能性があることを気にする前に、まずは、あなたの行動が周りの人にどのような影響を及ぼすのかという視点から考えましょう。 大音量で音楽を聴いたりしていませんか?よくあるのが音の問題です。音楽がないと集中できないという人もいますし、逆に、作業をする時には、無音でできるだけ静かな環境がいいという人もいます。こんな正反対な性格の人の場合は、なるべく部屋をシェアしない方がいいでしょう。あくまでも共有スペースで、お互いが話したい時にだけ話すのが理想的です。冷蔵庫から食べ物をとるときにはちゃんと気をつけていますか?シェアハウスでは、多くの場合、キッチンが共有スペースとなっています。みんな使う場所ですので、綺麗に維持したいものです。冷蔵庫からものを出す時には気をつけましょう。ちゃんと名前を書いておく、という準備は基本中の基本です。海外などのゲストハウスに泊まったことがある人は、この点を肌で心得ているものでしょう。ものの破損にも気をつけてください。大事なもの、大切にしているもの、というのは、人によって違うものです。まずは、勝手に捨ててしまうことをやめましょう。捨てていいか迷ったら、絶対に聞くようにしてください。「大事にとっておいたのに」と言われてからでは遅いですからね。実際、驚くほどに、「これはいらないだろう」と思うものでも、誰かの大事な所持品だったりするのです。

 

  1. 役割分担を決める

 

「役割」を設定することはとっても重要です。意外と基本的なことだと軽く見られがちですが、これをしっかりとこなすことで、お互いに対して感謝の気持ちが湧いてくるものです。絶対に、「自分がやってあげれば大丈夫だから」という気持ちで、家事を背負いこまないでください。2-3日であれば、まあいいでしょう。しかし、これが数ヶ月、数年間続くと、どんどんストレスが溜まってくること間違いなしです。これのよくないところは「自分がやってあげてるんだから」という気持ちがどんどん蓄積する点ですね。さらに、あなただけが家事をやっていると、最初は感謝されるでしょうが…徐々にそれが当たり前になってしまいます。ちゃんと分担することで、これが解消できるのです。例えば、掃除ひとつを取っても、曜日ごとにローテーションをするのもいいでしょう。そうすることで、大変さを身をもって感じて、それをやってくれる人への感謝が生まれます。さらに、これに付随して考えるべきは、費用の管理です。皆で共有するスペースがある限り、これの管理に対して、皆でお金を払う必要があります。最初から、毎月、いくらかを決めて、貯金しておくのがいいでしょう。

 

  1. 一人の時間を大事にする

 

シェアハウスを選んでいる時点で、きっと、あなたはある程度寂しがりやなのかもしれません。大勢の人がいる方が楽しいし、気がまぎれるし…という具合でしょうか。その気持ちはよくわかります。実際、これこそがシェアハウスの利点でもありますからね。ただし、一人で過ごす時間も最初から大事にしてください。数ヶ月、数年、一緒に住む仲間です。最初から猛スピードで距離を縮める必要はありません。むしろ、わたしの経験上では、後から仲良くなった人の方が、長く続いているものです。面白いもので最初から勢いだけで一緒にいる人とは、疎遠になる傾向がありますね。これは必ずしも全員に当てはまるものではないでしょうが、それでも、かなり多くのケースに言えると思います。時間をかけてゆっくり知っていった方が、ちゃんとした友情が育まれるということなのでしょう。なので、最初から焦らずに、自分だけの休みの時間も確保するようにしてください。